2010年01月23日

<花粉>飛散、1週間ほど早く…東・北日本 環境省予測(毎日新聞)

 環境省は22日、今年(1月末から5月)のスギ・ヒノキ花粉の最新の飛散予測を発表した。昨年末の予測同様、総飛散量は全国的に昨シーズンより少ない見通し。飛散開始は、東日本と北日本が例年より1週間ほど早く、西日本ではやや遅くなるという。最新の気象情報と花芽の調査に基づき予測した。昨年12月下旬の寒波によって、西日本を中心に気温が下がったため、西日本の飛散開始時期が昨年末の予測に比べてやや遅くなった。

 同省は花粉観測システム(愛称・はなこさん、http://kafun.taiki.go.jp/)で2月上旬ごろから情報提供する。【永山悦子】

【関連ニュース】
花粉:2月上旬〜中旬ごろから飛散 量は少なめ…気象協会
花粉:例年より10日程早め−−飛散予測
スギ・ヒノキ花粉:来春「少なくなる見通し」 環境省が予測
スギ花粉:今春、平年の3分の1程度 /静岡
スギ花粉:飛散来春予測 今春の3分の1、ピークは3月中旬 /石川

「辞任の声出ないの不思議」麻生前首相が民主批判(読売新聞)
予算繰越制度の運用改善=使い切り慣行を排除−財務省(時事通信)
中堅ゼネコンを捜索=小沢氏団体事件−東京地検(時事通信)
<東京メトロ>有楽町線で火花 一部で運転見合わせ(毎日新聞)
<診療報酬不正受給>山本被告が保釈に(毎日新聞)
posted by ナス タケオ at 16:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。