2010年01月22日

11年国会にも法案=教員の質向上で−鈴木文科副大臣(時事通信)

 鈴木寛文部科学副大臣は21日の記者会見で、教員養成課程や教員免許制度などの見直しによる教員の質の向上策について、「目標(として)は、来年の通常国会に何らかの法案を出したい」と述べ、早ければ2011年の通常国会に関連法案を提出する意向を示した。
 文科省は今後、教育委員会や大学から意見を募集するなどして論点を整理した後、中央教育審議会(文科相の諮問機関)に具体的な制度内容の検討を諮問する方針。 

【関連ニュース】
事業仕分けの結果
関空補給金は凍結=住宅機構、出資金を減額
仕分け対象の事業・組織
教員免許更新制を廃止へ=来年度に新制度検討
臨時国会は来月下旬=民主党の輿石氏

石川議員逮捕 「小沢体制で戦えるか」党大会で困惑の声(毎日新聞)
外国人参政権、谷垣氏も「反対」(産経新聞)
都教委が土曜授業を認める通知 「公開授業」条件に上限月2回(産経新聞)
高額サリドマイドに補助金、調査協力名目で(読売新聞)
政権交代で再生可能に=日航更生法申請−菅財務相(時事通信)
posted by ナス タケオ at 01:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。