2010年05月29日

<普天間移設>首相、政府方針は閣議で 福島氏は署名拒否へ(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は25日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題を巡り、今月末に決める政府方針について「最終的に当然のことながら、閣議で何らかのことを決めていかなければならない」と述べ、閣議決定か、閣議了解の形で、政府の意思決定を行う考えを示した。首相官邸で記者団に語った。

 これに対し、沖縄県を訪問した社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は25日、稲嶺進名護市長との会談で「閣議決定、閣議了解でサインはしない」と述べ、署名を拒否する考えを改めて強調した。

 政府方針を巡る首相と社民党との対立は深刻化しており、福島氏は26日にも連立維持か離脱かの判断について党内の最終調整に入る意向だ。

 福島氏は25日、仲井真弘多沖縄県知事と沖縄県庁で会談。米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)への移設に反対の意向を伝え、「沖縄とも(連立)3党とも合意がなく、日米共同声明になるという手続きそのものがおかしい」と強調。県側との共闘を呼び掛けた。

 仲井真知事は「県民の納得がいく形での解決策を閣内でまとめてほしい」と述べ、政権内での意思統一を求めた。その後、会談した稲嶺市長も「社民党に頑張っていただき、首相が公約通り『県外、国外(移設)』を実現できるよう支援をお願いする」と要請。伊波洋一宜野湾市長からも、移設阻止に向け、連立内での努力に期待する意見が出た。

 福島氏は一連の会談終了後に名護市内で記者会見し、「民意に基づかない合意に実効性はない」と述べ、日米共同声明に「辺野古」という地名が入れば反対する考えを表明。ただ、焦点の連立離脱については「沖縄の人たちと一緒に新たな基地の建設をしないよう頑張り抜く。それをやる限り信頼を得られる」と語り、当面は連立の枠内で県内移設阻止に向けた動きをしていく考えを示唆した。

 社民党は26日、福島氏の沖縄訪問を受け、普天間問題を巡る党方針を協議する。党内には、連立離脱について「政権の中でいる時の仕事量と野党の仕事量は全然違う。離脱すれば政策決定に関与できない」(幹部)との慎重論が根強い。政府は普天間代替施設の場所や工法など詳細は今秋に最終決定する方針で、離脱論の先送りムードが強まっている。

 ただ、首相が25日、福島氏が署名を拒否する方針の閣議決定か閣議了解での権威付けを明言したことで社民党が反発することは必至だ。【西田進一郎、横田愛】

【関連ニュース】
北沢防衛相:訪米 国防長官と普天間移設で詰めの協議へ
普天間:「現行案戻らず」 鳩山首相が強調
普天間:社民党が政府案反対方針で一致 福島氏沖縄訪問へ
普天間:クリントン米国務長官 鳩山首相を「称賛」
普天間:首相の辺野古移設表明「オバマ政権の勝利」…米紙

宮崎の主力級種牛5頭、2・3回目の検査シロ(読売新聞)
強制殺処分は立法必要=口蹄疫対策で―鳩山首相(時事通信)
両国でも暴力団観戦…初場所で警視庁確認(読売新聞)
郵政改革法案 与党、衆院委で強行採決(毎日新聞)
火災 民家全焼 2人死亡 山形・鶴岡(毎日新聞)
posted by ナス タケオ at 19:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

日証協に暴力団情報提供=株式市場から排除支援へ―警察庁(時事通信)

 警察庁は26日、日本証券業協会(日証協)に対し、暴力団に関する情報を提供する方針を決めた。証券会社が取引を開始する際に暴力団など反社会的勢力とのかかわりが疑われる取引先を選別し、株式市場からの排除を支援する。
 同庁はこれまでも、反社会的勢力とのかかわりが疑われる個別の取引先について、証券会社などの照会に応じてきたが、積極的な情報提供で支援を徹底。日証協が構築を検討している反社会的勢力のデータベースに警察の情報が反映される可能性もあるとしている。
 日証協は会員企業に対し、反社会的勢力との関係遮断を定めた基本方針を策定し、公表するように要請。契約書などに暴力団排除条項を盛り込むことを義務付け、違反した場合は除名や過怠金を科すなど処分する。 

【関連ニュース】
大手ゼネコンに暴排条項指示=「一方的な契約解除」盛り込む
歌舞伎座建て替えに介入許すな=暴力団排除協議会が発足
北九州市を警察庁長官が視察=市長と会談、捜査員激励
工藤会本部を捜索=ビル発砲、関与の疑い
「暴力団雑誌置かないで」と要請=コンビニ大手6社販売中止

<WHO>臓器提供指針案を採択(毎日新聞)
子ども手当、自治体の95%が「6月支給」(読売新聞)
性犯罪、殺人で量刑重め=死刑と無罪ゼロ、無期8人―判決521人・裁判員制度1年(時事通信)
直嶋経産相が普天間問題で社民党批判「火をつけて回るのはどうか」(産経新聞)
「着実に持ち直し」を維持=景気判断―5月月例経済報告(時事通信)
posted by ナス タケオ at 17:23| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

大麻草1443本、最大級の押収 ベトナム人5人栽培容疑(産経新聞)

 民家で大麻草を栽培していたとして、近畿厚生局麻薬取締部神戸分室は17日、大麻取締法違反(営利目的栽培)などの容疑で、神戸市垂水区の無職、グェン・タン・フォン容疑者(39)らベトナム人の男女計5人を逮捕し、大麻草1443本を押収したと発表した。同室によると、過去最大級の押収量という。

 グェン・タン容疑者の自宅から乾燥大麻約1キロも押収されており、同室はグループの栽培した大麻が国内で大量に流通した可能性があるとみて、販売先などを調べる。

 グェン・タン容疑者らの逮捕容疑は、今年3〜5月、神戸市垂水区と明石市、多可町の兵庫県内にある自宅3カ所で、大麻草計1443本を栽培したとしている。5人のうち3人は「病気を治す薬といわれた」などと、容疑を否認しているという。

 同室によると、台所と寝室以外は、ほぼ大麻草の栽培に使われており、園芸用のランプや扇風機などを備えていたほか、電圧を上げる工事もしていた。

 また、押収された大麻草は少なくとも末端価格で2千万円以上に上るとみられ、高さは5センチ〜150センチ前後まであり、時期をずらして計画的に栽培していたとみられる。

【関連記事】
アヘンの原料…「不正ケシ」の自生が激増 都内300カ所で確認
覚醒剤所持の京大生に有罪判決 大阪地裁
エリート教頭、風俗狂いの果てに…
日大“激震”不祥事資料が流出…セクハラ実名、大麻、ハレンチ写真
“内縁の妻”矢野きよ実「一緒に更生します」判決に涙
中国が優等生路線に?

海外派遣の恒久法、来週にも国会提出へ…自民(読売新聞)
両陛下、五輪入賞者招き茶会(時事通信)
地方自治の生き証人 鈴木氏死去 五輪、都庁移転で手腕(産経新聞)
<ダイヤ鑑定>「全宝協」が価値かさ上げ 業界団体が聴取へ(毎日新聞)
口蹄疫について鳩山首相「大丈夫だ。経済、経営のことはしっかり政府がやるから」(産経新聞)
posted by ナス タケオ at 23:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。